梨屋アリエ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
EVENT
★誰でも参加OKのYAの読書会【YA*cafe&cafe】 2016年5月29日(日)世田谷区三軒茶屋で開催!!!
★横浜で読書会始動!  【横浜緑YAカフェ】 2016年7月10日(日) 十日市場地区センタ- で開催!!!
★12歳から19歳までのYA読書会【YA読書クラブ】2016年5月21日(土)新宿区ポプラ社。

な、なんでそんなかっこうで寝てんの?

ぎゃあ、頭と体の向きがへんだよ。
死んでんの?
f:id:nashiya-arie:20160526012827j:image


え?
f:id:nashiya-arie:20160526012852j:image

抜け毛の季節はすぎたか…

f:id:nashiya-arie:20160525093250j:image
暑いのね。
床にペタッと。
冬の頃と寝かたが変わった。

猫って室温何度まで大丈夫なんだろう。猫に留守番させるときのエアコンをつける判断が難しい。
リモコン踏んで消すかもしれないし。


非勤勉スイッチ

頑張ろうと思ってせっせと無理して頑張ってみると、すぐ体に不調がでる。
あ、もうだめなのか。ストレスたまってつらいけどもっと頑張れると思っていても、体がさきにねを上げるんだ。ぶっ倒れるまえに、命には関わらないけど無視できない小さな不調でストップかかる。
過労死しない体質なのを喜ぶべきか。
ふがいないわたしは長生きするんだろうな、と、しみじみ思う。
やる気スイッチ入っても、しばらくすると別のスイッチが入るみたい。
ちゃんとやろうと思っているときにちゃんとできないので、どんどん自信なくすわ。

こんかいは、かゆみ。
かきすぎて出血したのを三週間がまんしていたが、皮膚科の先生に、ここまできたら自然には治らないですね〜と、抗生物質ステロイド剤を処方された。
抗生物質のむとからだのなかがむにゅむにゅして集中できません。

ありりんルール。本気出すのは三日まで。

マックポテトの謎について

マクドナルドで初めて買い物をしたらしき男子高校生が、友だちに「なんでマックってこんなにやすいの!?」と喜びと驚きの声を上げながら店から袋をもって出てきた。
高校生になるまで知らないって、どこのボンボンじゃ?
 
ところで、マックのポテトには17の原料が使われているというニュースを2012年に観て、ああやっぱりねと思ってたんですけど、
 
さっき、日本のマクドナルドのサイトをみたら、じゃがいもと塩のことしか書いてない。

マックのポテトには何がはいっているの? | マクドナルドのまるごとQ&A | McDonald's Japan

 

どうやってマックフライポテトが作られているの? | マクドナルドのまるごとQ&A | McDonald's Japan

どういうことなんだ。

マクドナルドのお店で調理したときは、 じゃがいもと塩と油ですってことなのか。

 ほかのものは「原材料」に当たらないから、表示しなくていいということか。そういうルールがあるのならそうなのかと思うしかないんだが。

 

マクドナルドにくる以前のイモをカットするアメリカの工場では、いろんな液体に浸かってる件。

ジャガイモがマックフライポテトになるまでの工程をマクドナルドが公開 - GIGAZINE

 

 

 

もう こんなことはしてませんよ、なのか、

別の会社のことで、関知してません、なのか、

日本のルールにのっとって表示してます、なのか。

 

健康に問題ないのだろうけど、気になるじゃん。

 

 

 

 

カスタードプリンとちぎれないちぎりぱんとグリーンラベルとラジオの放送大学と

下手でも手づくりに意義を見出す痛い(>_<)だけの料理

カスタードプリンを焼いた後、あまり時間を置かずにパン生地の二次発酵をさせたら、温度が高かったらしく、膨らみすぎました。

ちぎりパンにするつもりで、8個丸めたのをリング型に入れたんだけど、焼き上がりを見たら円。

 
f:id:nashiya-arie:20160520214647j:image
手で綺麗にちぎるのは無理そうなのでカット。
胡桃とラム酒付けレーズンと全粒粉入りのパン。
f:id:nashiya-arie:20160520214650j:image
偶然だけど、かなりふわふわにできた。
 
ところで、料理作るんですかって驚かれることが多いんですけど、
(作り慣れて珍しくなくなったからわざわざブログに載せてないけど、手打ちでうどんとかパスタとかケーキとかアイスクリームとかパンとかピザとかハンバーグとか餃子とかも……作ってるんですけど、多めに作って冷凍保存するのだ)
 
キッチンに立つとき、私は料理をしているだけではありません。
放送大学のラジオ番組を録音しておいたものを、1・8倍速で聴きながら、グリーンラベルを飲みつつ、作ってます。べんきょー&晩酌の時間なんです。頭が疲れているときはふつうにラジオや音楽聞くけど。
 
そして、自分で作ってるのは、買ったのより美味しいから。
市販の物には余計なものがたくさん入っている気がして……、自分で作ればシンプルな材料だけで作れるし、疑心暗鬼にならずに済むから。
自作して美味しくできなかったのは買うことにしてます。大豆からのお豆腐とか、さつま揚げとか。
 
 放送大学、いいよ。テレビだと画面見なくちゃいけないけど、ラジオなら家事をしながら聴けるから。タダだし。そのままの速度で聴くと眠くなるので、早く再生できる機器を使うのがおすすめ。
「貧困と社会」が面白い。
 
 

映画「世界の果ての通学路」をみた。

漫画とDVD(映画)と本の話

 

ゾウがいたら走ってにげろって、親に教わって学校に行く子どもがいるのだ。

みたいと思っていて、やっとみました。

 

わたしは小学校まで1時間歩いてかよっていた。

1時間歩いた後に冬だと授業前に持久走の駅伝マラソン

(校庭を何周したかを申告して競わせるやつ)を

させられたんで、通学徒歩1分の子どもに比べたら

走れる距離が違うわけなので、

「公平」とは何かを

10歳になるころには考える子どもになってたよ。

 

学びたいという意欲を持ったこどもの姿は、大人の目には

すがすがしく見えるけど。

 

邦題の「世界の果ての」って、むちゃくちゃ他人事な感じだなあって、私には思えてしまった。

苦労して学校に行く子どもがいるんだよって、子どもに教えるのではなくて、大人が世界の不均衡を理解するために

(子どもに教育が必要だって親が考えているおうちの子の話だし)

見てほしい映画です。

 

生地からコーンマヨネーズパンを自作

下手でも手づくりに意義を見出す痛い(>_<)だけの料理

実は、コーンマヨネーズパンが好きです。

しかし、市販の総菜パンで胃もたれするようになった(笑)ので、買わなくなりました。パン屋さんで総菜パンを買う場合は、なるべく栄養が偏ってなさそうな材料がたくさん入っていて、手の込んだものを選ぶので、コーンとマヨネーズとパンで構成されたコーンマヨネーズパンは買いません(笑)。食べたいかで選ぶ以前に、作るのが大変なものかも重視している。売り場のパンの値段に特別な差がないのであれば、自分では時間と手間をかけて作れないもの、作るとめんどくさいものを、買いたいと思うようになってきた。

パンを自作するようになって、自分でコーンマヨネーズパンも作れるかもと思ったので、やってみました。

パン用強力粉で、いつもの生地です。

二次発酵させて焼く前に、マヨネーズであえたコーンをのせてオーブンへ。

f:id:nashiya-arie:20160514181216j:image

とくに工夫はしていませんが、それっぽく出来上がりました。
コーンは紙パックで売っている水煮のものが近頃のお気に入り。
缶より美味しい気がする。
 

『STAND BY ME ドラえもん』をみたよ

漫画とDVD(映画)と本の話

やっと『STAND BY ME ドラえもん』をDVDでみたよ。

実はドラえもんが子供の頃から好きじゃなくって、あまりしっかり見たことがない。たまたまテレビでみれたときに気が向けば見る程度でした。その時間のテレビは大人にチャンネル権があったから。人気番組だったから毎回見なくても知識としては知っているけどね。ドラえもんの映画も見たことなかった。

マンガも読まなかった。絵が好みでなかったことと、

おやつを用意してくれるママがいて自分の部屋を持っていてお父さんがサラリーマンで住宅地に住んでいておもちゃもマンガもそれなりに持っていてイジメられつつも一緒に遊んでくれる友達がいて、

当時のわたしよりはるかに良い生活をしているのび太が、未来のロボットに無条件に甘やかされるという話が(調子に乗って痛い目に遭うという教訓はあっても)

許せなかったから。

 

 

STAND BY ME ドラえもん』は、ドラえもんを見て読んで育った人のための映画だなあ。名作と言われるのは納得です。

しかし、わたしにとって、

しずかちゃんのお父さんが、すごい人なんだなって。

しずかちゃんのお父さんが、すごい人なんだなって。

しずかちゃんのお父さんが、すごい人なんだなって。

そのための映画でした。

 

 

しずかちゃんのお父さんはとても立派な人です。

それを確認するために、まだ見てない方は見てください。

 

 

子どもたちがかわいい映画『スタンリーのお弁当箱』

漫画とDVD(映画)と本の話

映画『スタンリーのお弁当箱』

学校にお弁当を持ってこれない子どもスタンリーの話。でも全体的にはとても明るい映画です。

話の舞台はインド。キリスト教系(?)の小学校。

先生を怒らせて、「お弁当を持ってこないやつは学校に来る資格はない」と言われてしまう。

日本に照らし合わせると、お弁当より給食費が浮かびますね。

ひとりの先生が、生徒たちのお弁当をつまみ食いしていくんですけど、

ありえない……。インドではあることなんだろうか。

むしろ先生はおかず交換禁止にして自分のお弁当は自分で食べなさいって言うよね。

これがリアルではなく「子どもから搾取する大人」としてこういう設定にしたのかな。

生徒たちのお弁当が、日本の感覚だとえーと思うものがあって、文化の違いを感じます。お弁当箱の中にクラッカーだけ、パンだけというのもあって。もちろんカレーの子もいるけど。

 

 

家庭内に事情があって大変な思いをしている子の姿は、教育の場である学校ではなかなか発見しにくいものだなと。察知できる大人でありたい。

スタンリーがお弁当を持てないのは貧困なのでなく、養育者の暴力があり、お弁当が必要と言えない関係が原因でした。学校に行くより店を手伝えとという方針で。その人との関係は変わらないけど、映画の最後はお弁当を持っていけるようになります。しかし福祉的な解決ではなく、スタンリーの賢さからでした。

不幸な身の上を嘆いて人に頼ろうという態度ではなく、我慢して工夫して解決する姿は見ていてとても気持ちが良いものですが、 賢くて愛嬌のある子しか救われないのかも……というもやっとした気持ちにもなります。